向かうところ敵なし状態

男性ホルモン過多?

男性ホルモンがありすぎるのか何なのか、髪が薄いことが心配です。幼い頃からのことですから、もう20年以上は、この「薄さ」に悩んでいるはずです。確かに父は薄毛でしたけど、母は普通だった記憶がありますから、たぶん父に似たんでしょうけど、あんまりです。だって「女」ですよ。「女」で薄毛って、考えられないでしょ? 私だって、考えられないと思っていましたが、これは現実なんですね。

 

テレビとかで女優さんを見るたびに、その髪のボリュームばかりに目が行きましたから。女優さんばかりではなく、街で女性を見かけるたびに、髪をチェックしてきました。でも、今のところ、私の髪のボリュームを下回る女性を目撃したことはありません。トーナメントだったら、私のところだけ太い線で勝ち進んでいることでしょう。

 

自分の子の披露宴を考えると…

 

髪が薄いと、風向きに敏感になるんですね。どっちからどのくらいの強さの風が来ているか、ということで、どっちを向くかということが死活問題になるんです。そのせいで、まるで風見鶏クラスの敏感さが身につきましたからね。

 

本気でウィッグを着用することを考えています。だって、もし私が自分の子の披露宴に出るとしたら、この髪のままでは、どんな服も似合わないかもしれませんもん。って、かなり将来のことを考えちゃっていますけど、今はまだ、自分が結婚もしていませんから、子どもが披露宴をすることなんて、まだまだ、ずっとずっと先のことになるはずなんですが…。まぁ、妄想ですねぇ。